3849円 【純正品質】 車用 耐久性 車内収納 省スペース 車内 収納 ポケット バッグ ドライブ 後部座席用 車中泊グッズ 荷物 カー用品 メッシュバッグ 車載 車収納 バック 簡単 取り付け 日本製 【秋の決算セール310円引】 車 収納 バッグ ポケット 多機能 シートバック 小物入れ 便利グッズ ネット 運転席 助手席 ミニバン 軽自動車 SUV ティッシュ スマホ ドリンクホルダー センターカーゴ タント タント タントカスタム LA600S/610S系 Tanto LotNo.04 車用品・バイク用品 車用品 アクセサリー 車内収納・ホルダー シートポケット ネット,タント,シートバック,LA600S/610S系,inggris.ftik.iainpekalongan.ac.id,バッグ,耐久性,軽自動車,ドライブ,省スペース,ポケット,ティッシュ,後部座席用,ミニバン,車用,タントカスタム,【純正品質】,バック,収納,車内,車収納,車中泊グッズ,Tanto,便利グッズ,メッシュバッグ,カー用品,助手席,車内収納,LotNo.04,日本製,【秋の決算セール310円引】,SUV,荷物,簡単,バッグ,車載,車用品・バイク用品 , 車用品 , アクセサリー , 車内収納・ホルダー , シートポケット,センターカーゴ,取り付け,3849円,収納,タント,小物入れ,運転席,スマホ,ポケット,/handwear19196.html,ドリンクホルダー,車,多機能 3849円 【純正品質】 車用 耐久性 車内収納 省スペース 車内 収納 ポケット バッグ ドライブ 後部座席用 車中泊グッズ 荷物 カー用品 メッシュバッグ 車載 車収納 バック 簡単 取り付け 日本製 【秋の決算セール310円引】 車 収納 バッグ ポケット 多機能 シートバック 小物入れ 便利グッズ ネット 運転席 助手席 ミニバン 軽自動車 SUV ティッシュ スマホ ドリンクホルダー センターカーゴ タント タント タントカスタム LA600S/610S系 Tanto LotNo.04 車用品・バイク用品 車用品 アクセサリー 車内収納・ホルダー シートポケット 純正品質 車用 耐久性 車内収納 省スペース 車内 収納 ポケット バッグ ドライブ 後部座席用 車中泊グッズ 荷物 カー用品 メッシュバッグ 車載 車収納 当店一番人気 バック 簡単 取り付け 日本製 秋の決算セール310円引 ティッシュ 助手席 多機能 LA600S Tanto 便利グッズ SUV タントカスタム LotNo.04 ミニバン 小物入れ 軽自動車 センターカーゴ ネット 運転席 ドリンクホルダー 車 タント 610S系 スマホ シートバック 純正品質 車用 耐久性 車内収納 省スペース 車内 収納 ポケット バッグ ドライブ 後部座席用 車中泊グッズ 荷物 カー用品 メッシュバッグ 車載 車収納 当店一番人気 バック 簡単 取り付け 日本製 秋の決算セール310円引 ティッシュ 助手席 多機能 LA600S Tanto 便利グッズ SUV タントカスタム LotNo.04 ミニバン 小物入れ 軽自動車 センターカーゴ ネット 運転席 ドリンクホルダー 車 タント 610S系 スマホ シートバック ネット,タント,シートバック,LA600S/610S系,inggris.ftik.iainpekalongan.ac.id,バッグ,耐久性,軽自動車,ドライブ,省スペース,ポケット,ティッシュ,後部座席用,ミニバン,車用,タントカスタム,【純正品質】,バック,収納,車内,車収納,車中泊グッズ,Tanto,便利グッズ,メッシュバッグ,カー用品,助手席,車内収納,LotNo.04,日本製,【秋の決算セール310円引】,SUV,荷物,簡単,バッグ,車載,車用品・バイク用品 , 車用品 , アクセサリー , 車内収納・ホルダー , シートポケット,センターカーゴ,取り付け,3849円,収納,タント,小物入れ,運転席,スマホ,ポケット,/handwear19196.html,ドリンクホルダー,車,多機能

純正品質 車用 耐久性 車内収納 省スペース 車内 収納 ポケット バッグ ドライブ 後部座席用 車中泊グッズ 荷物 カー用品 メッシュバッグ 車載 車収納 当店一番人気 バック 簡単 取り付け 日本製 秋の決算セール310円引 ティッシュ 格安店 助手席 多機能 LA600S Tanto 便利グッズ SUV タントカスタム LotNo.04 ミニバン 小物入れ 軽自動車 センターカーゴ ネット 運転席 ドリンクホルダー 車 タント 610S系 スマホ シートバック

【純正品質】 車用 耐久性 車内収納 省スペース 車内 収納 ポケット バッグ ドライブ 後部座席用 車中泊グッズ 荷物 カー用品 メッシュバッグ 車載 車収納 バック 簡単 取り付け 日本製 【秋の決算セール310円引】 車 収納 バッグ ポケット 多機能 シートバック 小物入れ 便利グッズ ネット 運転席 助手席 ミニバン 軽自動車 SUV ティッシュ スマホ ドリンクホルダー センターカーゴ タント タント タントカスタム LA600S/610S系 Tanto LotNo.04

3849円

【純正品質】 車用 耐久性 車内収納 省スペース 車内 収納 ポケット バッグ ドライブ 後部座席用 車中泊グッズ 荷物 カー用品 メッシュバッグ 車載 車収納 バック 簡単 取り付け 日本製 【秋の決算セール310円引】 車 収納 バッグ ポケット 多機能 シートバック 小物入れ 便利グッズ ネット 運転席 助手席 ミニバン 軽自動車 SUV ティッシュ スマホ ドリンクホルダー センターカーゴ タント タント タントカスタム LA600S/610S系 Tanto LotNo.04





























【販売条件の違い】
本製品は素材機能をメーカーのギャランディどうりご提供させていただくため、製造ロットを表題の末尾で管理しております。 各、商品ページにある表題末尾の数字が小さいほど生産された後、年数が経過している商品となります。 また、末尾の数字が大きいほど新しく生産された製品です。耐久性の目安としてお選びください。

【同業者への警告】
本製品は特許庁における実用新案登録された知的財産権を有しております。本製品のコピー品、類似品を販売した場合、販売の中止と在庫の破棄、法的処置を講じます。同業者の転売も固くお断りします。

【実用新案登録】第3233615号
【実用新案者】株式会社ハイヤー
【弁理士】森本 直之
【出願番号】実願2021-2267
本考案は、自動車用の座席に取り付けて使用することができる自動車用の物入れに関するものである。
自動車用の座席にかばん等の物を置くことが日常的に行われる。座席においた物は走行時にかかる遠心力や振動で簡単に動いてしまうため、座席のちかくに収納スペースを設けることが行われる。



【課題】車種に制限なく運転席と助手席のあいだで後方のスペースを有効に活用でき、着脱が容易でコスト面も有利な自動車用の物入れを提供する。 【解決手段】自動車の運転席1と助手席2の後方に配置される自動車用の物入れであって、底板と、上記底板の後から左右の3辺にかけて立ち上がる物受け部材と、上記底板の前辺に立ち上がる流出防止部材と、上記物受け部材の左右の上部をそれぞれ上記運転席1と上記助手席2のヘッドレスト3に吊り下げるための左右一対のベルト40とを備える。上記底板と上記物受け部材と上記流出防止部材が構成する物入れ部50を、運転席と助手席のヘッドレスト3を利用して吊り下げる。車種に制限なく運転席と助手席のあいだで後方のスペースを物入れとして有効に活用できる。また、ベルトにより着脱が容易で、コスト面も有利である。




【純正品質】 車用 耐久性 車内収納 省スペース 車内 収納 ポケット バッグ ドライブ 後部座席用 車中泊グッズ 荷物 カー用品 メッシュバッグ 車載 車収納 バック 簡単 取り付け 日本製 【秋の決算セール310円引】 車 収納 バッグ ポケット 多機能 シートバック 小物入れ 便利グッズ ネット 運転席 助手席 ミニバン 軽自動車 SUV ティッシュ スマホ ドリンクホルダー センターカーゴ タント タント タントカスタム LA600S/610S系 Tanto LotNo.04

ブログパーツ <title>純正品質 車用 耐久性 車内収納 省スペース 車内 収納 ポケット バッグ ドライブ 後部座席用 車中泊グッズ 荷物 カー用品 メッシュバッグ 車載 車収納 当店一番人気 バック 簡単 取り付け 日本製 秋の決算セール310円引 ティッシュ 助手席 多機能 LA600S Tanto 便利グッズ SUV タントカスタム LotNo.04 ミニバン 小物入れ 軽自動車 センターカーゴ ネット 運転席 ドリンクホルダー 車 タント 610S系 スマホ シートバック " name="keywords"/> " name="description"/>


















やる夫で学ぶ阪神タイガース球団史 第34話 悲劇のヒーロー 小林繁





     ____
   /      \
  /  ─    ─\       .
/    (●)  (●) \    .やる夫で学ぶ
|       (__人__)    |   ..
./     ∩ノ ⊃  /    
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /




      __     ━┓
    / ~\   ┏┛
  / ノ  (●)\ ・
. | (./)   ⌒)\        
. |   (__ノ ̄   \     阪神タイガース球団史
  \          |     
    \       /     
.      \  ⊂ヽ∩     
      /´    (,_ \.
       /       \. \
      ./   /       |. \ソ
    (  y'      .|



        /.:.:.         \
.        /:,:.:.:  /   ヽ    \
       /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー
.      /!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ
     /イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }  
      N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j  
       ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ   .第34話です
.          `ヘ:ゝ    .'    小/     
.            ヾ:{>、 _ ィ<}/|/        
        _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_      
      /| l:|   | ===|   |:l゙ヽ   
       /  | l:l   l     l   l::l l




スポンサーサイト





やる夫達で学ぶ日中戦争 第6話 暴支膺懲(済南事件)





     _____
   /.::::::::::::::::::::::::::.:ヽ
    |.::::γ⌒ Y ⌒ヽ::::::|
    |::::/ ⌒  ⌒  |:::|
   |:::〉 (●) (●) 〈:::|
   (@ ⌒(__人__)⌒ @)
    |   |r┬-|   |         では明けて1928年
    \  `ー'´  /         第二次山東出兵からの済南事件を見学しよう
,,.....イ.ヽヽ、___ーーノ゙-、.         さて組閣から約一年経った田中内閣は絶賛フラフラ中であった
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
    |  \/゙(__)\,|  i |
    >   ヽ. ハ  |   ||              ==
                              , -― ''"^'ー- 、
                            /_, -――- 、、 ヾ-、
                            l'´ ,..::'! .: {i,  ヽ、` 、` ー┐
                            l _, 。ィ' li:.、ヒァ'  ヽ lj  /
                            ノ  `ヾ、.:'.::`ミ/゙'、  Y^iイ_
                           /  ⌒';,゙i, ri:.:i .::' メ、、_ノiトミ> <前途が見えねェ
                           l    ,:' /,';;;}:.ヾ:.   八リ
                           丶    ' {;!゙' ::..  ,ィ'  ヽヽ
                            ゝ---- ― ァ'" ヽ
                          (( イ    てヽ、{ そ ノ
                            } 丶、、__(⌒Y⌒)i-、
                            l   , -‐Z二二二ニ'^ー 、
                           └r- ( (/ r==ュ  )  ) ))
                             〉―ト(T)二二二二 彡イ
                            ,)  ,l       |l!   l






やる夫と学ぶ野村克也 第31話 「己の夢への挑戦状」




                                                           _,.  ----   _
    .ゝソ人ゝソ人ゝソイ ..>―    ー  .._    |i                        >:':´: : : : : : : : : : : : : : : ` : .,
    7ハ Y.>"イ!::::::::≪´            `ヽヽ}}                     . : ´: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
    ゝソ'"´::::::::::||::::::::::::::≫                   Y′                   /: _: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
    ´::::::::::::::::::::::||:::::::/                   {                   ,イ:/   ∨:.,>─ 、 : : : : : : : : : : : : : : :
    ::::::::::::r‐‐、:::||::::/_,ィ三三三ハ、            :、                 /: / \  i:, '      V: : : : : : : : : : : : :
    ::::::::::::|〃ヾ::||::リ 'ヾ; ̄`¨ヽ三≧;;、__`ヽ 、  ,, ,.ィ≧=              /: _{●   ヽ i'__,. . -‐ ' ’´ ,: : : : : : : : : : : : :
    ::::::::::::| ニ´ノ:||リ{.  \ `ヾ>≠、圭圭} ` ノ彡イ´ ノ              7イ´ヘ,..-- 、.ノ! ●       i `ヽ、 : : : : : : : : :
    ::::::::::::| { ヾ .:{リi!     ⌒{!、{f'::ノヽ彡'  《イ'ハ7´               7   {:::::::::::::i八       ノ     ヽ : : : : : :
    ::::::::::::乂__ノ ij!リ       //゙ー‐ "`.::   i `゙Y`             ー‐┼‐  乂:;::::ソ  ヽ、 __  イ        V : : : : :
    :::::::::::::::》`ヽ从!                i  .|  ┌─┐  ┌─┐    _j_,.    |        ___     ∨ : : :
    :::::::::::::::i!、..r‐{il|                 ,   ∨/!  `.1 .「   .,7 ,f´  '´ ̄|     |                  ̄``  i: : : : :
    .::::::::::::/  匁}iリ                (:.,_、... __〉 |   |  |  ,/ /'    ,  ハ,.ィ   i         ─z_      i: : : : :
    .:.:.ヾ::リ   辷jリ!              ,...ィ; く´  ,′  |  l、,,/ /',. ‐ '二一勹/ .    l         、   `ヽ    7: : : : :
    ー-、/   赱リij、           ,ィ≦彡''‐ 、,,ミ,、{    ..|   ,/' / /´   /   ヘ   _>‐- 、_     ``ヽ、     /: : : : :
    .  ,′   jlリ八        /;;'-―‐‐''¨^゙ー从    l、__/  l  .` ー 、      ヽ       ` ヽ、_      `   :': : : : : : :
    :.: ,′    {ij!  \     ;{{{!   、ー‐  jiリ         ``ー-、         t:、__                 /: : :_;::>::'
    ミ:,′    ili|   \.    ノ}}′         |i{、     //  _,,ノ,ノ      ,.ィ´ーz_:::::::≧z:::-........................イ::≦:::::::::::>'
     \     从i    .:.::\/゙´ il,     ,.,,ハ}}   ∠-- 二 - ''´       , ': : : : : : : >:y-z___:::::γ' ⌒ヽ-<   ヽ
    ....、 丶、  リ}}    :.:.:.:.jj'>.、ヾ从从从リ/  リ!               /: : : : : : : : :, イ           {======}
    `ヾミヽ  \ jリ      ji!〃⌒ヾリルリハリ,《  /′              /: : : : : : : : :/             弋__j:}_ノ

       ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

          やる夫と学ぶ野村克也                 第31話「「己の夢への挑戦状」

       ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━






やる夫達で学ぶ日中戦争 第5話 蒋介石と田中義一(山東出兵)






     _____
    /.::::::::::::::::::::::::::.ヽ
    /.::::::γ⌒Y⌒ヽ::.|
    |::::::::/ ⌒  ⌒ |.     ○______________
    |:::::::〉 ( ●) (●)|     ||                    /
   (@ ::::⌒(__人__)⌒)   ||                   /
    |      |r┬-|  |     ||     あんたが大将     /
    \     `ー'´ /     .||                /
,,.....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、..   ||              /
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ  ̄  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄        では今回は総理大臣兼外相となった田中義一による
    |  \/゙(__)\,|  i | | |(_ 〉                   山東出兵とシナの内乱を見学しよう
    >   ヽ. ハ  |   | | ∪(_ 〉
                ( (_ 〉




            γ´/ 丿ヽ
        -‐ '´ ̄ ヽソ ` 丿
       / //" `ヽ ヽ ヽ\
     //, '//レ´/ノ ヽハ   'rrrri
     〃 {_{   ノ u ヽ リ| l ノノノノノ
     レ!小l (○) (○)从.(   /      出兵したくない?
    /丿ル|   、_,、_,    | ム  イ      おいおい話が違うわよ義一ちゃん
   /    /ヽ   |!il|!|    j | ̄ ̄l      居留民保護のために出兵するんでしょ
  /   ,'  ゝ. |!il|| __,. イ l   |      あれって嘘だったわけ?
  /    .l  .y' |ヽ/ | \ |   |






やる夫が大海皇子になるそうです 第二十六話 「おもひおよぶ」






          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
         知っての通り。母はやるとなったら徹底的にやる人だった。
         __________________________



                 }::.::|::.::\::.::.::\   ./ i   /::.:/.:: j/  ,/
                ,:.::.::|::.::.::.::\::.::.:.\     ′_/::イ::.::乂
                 /::.::.::l::.::.::.:.::.::〈¨¨⌒ ――' ⌒イ:人::.::.::.::`、
             /::.::.::/|::.::.::.::.::.::个  _  fl| ̄ ̄|人::.::\::.::.::.:\
               /::.::/::.|::.::.:ト .::.::.:| ̄` ‐-|l|: :(:ノ |::.::.\::.::\___:.::.\
.              /:; イ:rー l::.::.:|∧::.: |     |l|: i ): :|/ー-.\::.::`、ヽ-、::\
           _,:/ 〕h,∧l::.::.:|/∧::.|\   |l|: :(: : |\////`、::.::} |//\::)
              ////人::.:l//∧:l//\/:|l|: : l : |=-...、/// }::.:} ////\_
              ,////// \:_//从>''" ;|l|: : : : |\\\- }::/ |.////:::::::\
               {/////∧ ゝ''" 、丶`/l|l|ヽ:):.:|;\`ニ)/ j/ `ヽ/:::::::::::::::::::\
              ///////∧_ ィi〔  /   |ll:_:{ ノ ト、:、\\   _,,...-\:::::::::::::::::::::::〉
            //////////// /     / ``~、} ヽ \| /    r,:::::::::>''"/\
            /////////////  /__,... -て__,.. =-‐  \::. / /\   '∧////////\
          //////////////|  ;´___   r''"  _,,    ∨ ////ハ   '/.、//////////\
.       //////////////从 j///'   ゝ''"        ∨ _/////|    |'::.\//////////\
.      //////////////::.::{::∧;///{   ゝ -‐''"      乂_} ``~、、__;/::.::.::.\//////////\
   ,.://////////////::.::.::.::{::.::.:、//∧   乂__       }  |//〕iト-- ...二ニ=-.、/////////,
.  ////////////>" |::.::.::.::.::{::.::.::.\/∧   ∨// \      / //////////////////////////}
.  //////////  {///////////)h、.   l::.::.::.::.::{::.::.::.::.::.::.| ≧=‐--‐=≦//|_ / //////////////////////////

          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
         だから、すぐに、わかった。
         __________________________






やる夫が大海皇子になるそうです 第二十五話 「おうみ」







  【 663年 年末 飛鳥 】


                                 ―――― 、
                                  /          \
                            /  __     __ \
                           /                 \
                           /    ( (::;;) )    ( (::;;) )     丶
                        /                         v  は? まつりごと をしろ?
                          {           (  人  )         l
                           、          ̄   ̄         ′
                           \                  /
                          /`                 ´\
                         /                     \


                          【 大海皇子(おおうみのみこ) 】


.





やる夫が光武帝になるようです 第四十六章 「來歙猛攻」





              ∩                     _  ∩  _
            i |                      j j  .i |  :! !
  i、        i |         ,,i      ____,ノノ   i |  `、丶__
  | !       __i |__       ! !     ´、,,,,-‐'´     i |     `‐--、,,,,ゝ
  | 二ニニニ---- : : ----ニニニ二, {    __,,,,,,--------' --------、,,,,,__
   ! |          i |          | i     `''''''''''~~~~ ̄ ̄i | ̄ ̄~~~~''''''''''"
   !, !       i |       ,! !        _,,,..---─'__`‐----、_
   丶,------‐;二 二;;‐-----"ノ      /,-''''" ̄ ̄   ̄ ̄'''‐‐‐;ヽ
     '''" ̄ ̄  i |   ̄ ̄''''"       i {    _,,,,,,,,..---------┘i
            i |                 | }    /, '''''''''~ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄´
            i |                 } |   ( (__
            i |             i' |   `‐-ニ;;-、___
            i |             i, |       ~`'''‐`ニ;;-、.._
              ∪               ∪               ~'''''‐‐、ン

  ∩     ,,-‐'二二;;‐、_      ∩    ∩         ∩
.   i└''''ニゝ j i´ ___. `i .i ∠''''''┘!    { {        .} ,ニニニ二二二ゝ
.   i | ̄   i .ニ-----ニ !    ̄`! {     `i {______,,-‐'└------、__
.   i |    || ,、_  ,,,_ ||    | |.     ~''''''''''''''''''''''''''i. i''''''''''''''''''''''''''''''~
.   i 二ニゝ | | ,! !.-、! !.|| '、ニ二. !      _,,--------' `──‐-----、
.   i |    || ! i ̄^! }. ||    | |     ,;',,'" ̄ ̄ ̄ ̄i. i ̄ ̄ ̄ ̄~""~
.   i |    || ! i  | i ! |    | |     i {  ∩     `‐ニニ二二ニヽ、
  `└---.; || i└‐┘; ! ! 、---┘,'     ! }  i |    ∩       `i !
   ~''''^~~ ∪   ̄ ̄ ∪ ~^^'''~       ! !  i |     .i |      ∩   } !
   _,,,,,,,,,,,,,,,,,,,---------、,,,,,,,,,,,,,,,,,,_     | !  i |     .i |     i ;'  } }
  `‐‐‐‐‐‐┐i''''''''''''''''''''!┌‐‐‐‐‐‐"     } i.   i |     .i .ニニニニン  |{
        .ノ,ノ      i '、            | |   ! i   ||           } !
   ,,,,--‐',ノ         `、`‐--、,,,      ∪   !_`'‐─┘`──‐--.、 ∪
   `''''' ̄           ̄~'''''"           ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~^'"



  やる夫が色々苦労して天下統一するお話です。






ドリフターズで学ぶ最新の信長研究外伝 信長VS一向一揆 第5回 近江国一向一揆





《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》


                     5.近江国一向一揆

                ― 元亀ハツラツ!信長包囲網C ―


《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》

                            | ̄ ̄ |
                            | 朝 |
                            | 倉 |
                            |___|
     | ̄ ̄ |
     | 比 |                ,ィ777777777ム
     | 叡 |           / ̄ ̄7ニ寸ニl二lニ7ニ/V⌒ヽ           ┌───┐
     | 山 |             才¨7ニ7´ ̄ ̄ ̄/`マム\            | 浅井  |
       ̄ ̄            / | |ニ7⌒≧ /≦⌒V:} .)              └───┘
                      |  | {,イ Y::::::::V.l ⊂⊃ :|寸
                        ll |八::::::::ノ | `¨¨¨´ | リ   寸ミ
                 /(⌒  八.| /u.∧_|_∧ u. 八    ノニ}  }ム
                ./ニニ=ー匕ニ圦/vfムwwwwY ミムニニ=ー匕ニく_ノニ}  .ム
              ィ7 \二二二二.∧彡{笠笠笠}.ミハ寸ニニニニニニニニニ〈_ノニ}
              {ニ辷ニニ才ニニニニ/ .∧ミ艾ニニニ才/:::} )二ニニニニニニニニニニニ圦 )ヽ
            (\`才二ニ=ー イ .{ |  寸i:i:i:i:i:i:i:イ::/ / Yー=二二二二二二二二人   )
         (\_// (        l| | |ム   ̄ ̄  / /  八       {  \二二二二レイ
          才 ./ :|        l|  .| 乂    ._/   /       |  ハニニニニニニニムイ
         (八 l  .:|        l|  .|   ¨¨¨¨7   /       八   ∧二二二ニニノ
| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|                  ____                  ┌────────┐
|   本願寺   |                  | 六 |                |  長島一向一揆  |
|______|                  | 角 |                └────────┘
                             ̄ ̄





ドリフターズで学ぶ最新の信長研究外伝 信長VS一向一揆 第4回 開戦





《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》


                        4.開戦

                     ― 法治と徳治 ―


《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》


      \       〈////7 ≧⌒≧≠く 八 〃ィ衫∠(①)ハノノマ⌒ヽ
      ヽ:\    }ノ///〉  x彡三ミミヽ 三三 彡⌒≧=彡く  V ハ        _ _
          : : :i    v///, ィf{{{(ぃノルハ}! 三三  こ  ̄ ノ    ヤ j } |   /: : :ヽ
      }! ノ: : :}    V//  桟ゞゝ=彡ル' }三三ゝ   ┛┗   ミУ j   ;/⌒ヽ: : :
    \ ル: : :乂 __ ノ:.ハ   >ミミ三彡  ん~ ⌒\  ┓┏   :iレへ  {   }: : :
      V: : : { __>: : :{ fヘ//┛┗  / rヘ  fヽ ヽ ~⌒ く :i:!: : : : \   ノ: : :
\    ': : : : : : : : : : :八 ゝV  ┓┏ ( 弋ノ  ゝ´.:i:i:i:ィ'⌒ヾ  :i:|: : : : : : : :ー: : : :ノ
 ハ    }: : : : : : : : : : : :.\ハ   //  :i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:!:: ノイ^Y  :i:i:!: : : : : : : : : :< __
(: : \_ ノ: : : : : : : : : : : : : : 乂 v:i:i:i:i: /^ ,ィ个 ┬┬ イ  | 」   :i:i:|: : : : : : : : : : : : : :
 >: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :圦:i:i:i:〈 く_爿ー┼┼ 土 工_八 :i:i:i|: : : : : : : : : : : : : :
───────────────────────────────────────
    〕     、 f^ ハ l { V ハ  }  } ハl    Ⅵト、{/ ;≧、  {イ
   ⌒ヽ \, V:.、  `{ ヘ 〔/  } :.  l /  }    ! _ =7 _ヽ ノ
      \  、[ ,} 、 } 、:::.  ) { }  ,  _. -ヵ=キi厂  { {  i {
       \、{  、 ㍉  、  ,  斗  ̄了 i ! :.  :..  ,〕 f l,ノ
         \>、ヽ、 `ヽ、 廴 }>'"Θ) /  八 :.  ::..{ { V/,
          ⌒ヾ、≧=----),〕} {〔-===≦ , ' ......:: :.     し/ ‘、 _斗
            {Y´(Θ)`7「⌒Y -=ニ=-.斗―┬-、、 :..: ト-' ::.  Vく二
            ^!≧==彡l  _ T  /f  )>'⌒^ヽ 、 . .:l :.   Ⅵ心
               ‘, r― ⌒=- . イ⌒)'´:l :l:l :l!|:l:l:llヽヽ , :::  }、/}二_
              、 「丁⌒_l_ノ ̄   l:!   ,.:l:「V / .:: 〈 ,ハ ̄
                 ヽ Y⌒´:l:l:l:l:l:l:l|    l.  ,,i:l:l_厂} '    } /エ二
                \}   !:l:l:l|     _r―( ン   ノV Λ二エ
                 〔^廴,_ .l:l_.ィ_エ二l_=- /   ノ  Λこ二_
                  ヽこ二  -―----‐ /   /  /ヱニこ二







ドリフターズで学ぶ最新の信長研究外伝 信長VS一向一揆 第3回 天文の錯乱





《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》


                     3.天文の錯乱

          ― この世には自分にとって都合良く手に入る力なんて無い ―


《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》


     ./ ./: : : : :.γ⌒ヽ/: :/: : : : : : : : : : : : : : : : :.:\: : : : :.\
     / ./: : : : : :/  /: :/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\: : : :: :\
    .|: :|: : : : : : |  ./: : /: : : : :.,: : : : :..}: : : : : : : : : : : : : :.:.:‘:,: : : : :..':,
    .|: :',: : : : :.:.乂/: : /: : : : :./: : :.:.:.:.:|!: : : : : : : : |: : : : : :.:.:.‘:,: : : : : ',
   八: : : : : : :.:.:./: : /: : : : :./: : /|: : / ':,: : : : : : :..|、: : : : : : :.:.‘:,: : : :.:.',
     \ \.: :.:/: : /: : : : :./: : / !.|  ':,: : : : : :..| \: : \: : :.‘,: : : : :',
.       ≧=‐;′ ;′: : : :/: : /、__|.|  ‘,: : : : : :|  ,入,: : \: :‘,: : : : ',
          |\|: : : :,: : : /   .|~ト~、、':,: : ゝ キ彳  \: : \ |: : : :..|
乂≧=‐--‐=≦.!.:.:.:.|: : : :..|: :./   |/      ‘,.Ⅳ: :|     `'<\: : :.|
  \: : : : : : :.:.:.|: : :.|: : : :..| /    ,ノ     \\|__ノ    `'ト、: :|
   \_: :.:.:.:.:.:.|\|: : : :|′,,,.。sセ升三       苧苧三ミ≧  |: : : |
     ミ-、,,,,_|: : :.|: : : : | r^う㌢⌒             ⌒とつ  \ ノー-、_
         |\_|: : : : |_ゝイ           ヽ           __ヽ、   ⌒ヽ、
         / / ヽ_,/                         (  ヽヽ!     \
        >''/  ./'´ /⌒i   _  _ -~~、_  ~~   、_    ヽ  ヽK       |
      /     { / /  /_ ⌒ ____二___ ___う    ヽ         |
     /      ´  ./        ̄                   /^\       |
      |        /≧s。._                 _ .。s≦|    \
      |         /_____こ二ニニー―――一ニ二ノ_jI斗fセ7^7   \
      |        .人ム、   γ⌒ヾミhふ⌒う⌒てつイ⌒ヽ}     /:i:/     У ̄ ̄
      |       /: ::.゙|\\  {_  ./  7` ミメ三三ニニノ^ヽノ   //^Y   /
     /____/: :: :| ` ミh、乂/  /   /ミT升ヘ⌒ヽノ  ,.ィi ㌢   |   「







ドリフターズで学ぶ最新の信長研究外伝 信長VS一向一揆 第2回 加賀国一向一揆





《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》


                   2.加賀国一向一揆

                  ― 宗教戦争の時代 ―


《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》


                 . ,イ  ,イ  ,イ,イ       . ,イ  ,イ  ,イ,イ       . ,イ  ,イ  ,イ,イ
              __/.ム_/./  レ'レ'     __/.ム_/./  レ'レ'     __/.ム_/./  レ'レ'
              ヽ=, ,.--., .二7       ヽ=, ,.--., .二7       ヽ=, ,.--., .二7
              /″ .//           /″ .//           /″ .//
                   //              //              //
                 ./´   ,イ,イ ,イ       ./´   ,イ,イ ,イ       ./´   ,イ,イ ,イ
                    レレ //            レレ //            レレ //
                      /'              /'              /'
MVvvMvyvMVvvMvyvMVvv、MVvvMvyvMVvvMvyvMVvvMVvvMvyvMVvvMvyvMVvv、MVvvMvyvMVv
Λ_ヘ^-^Λ_ヘ^-^Λ_ヘ^Λ_ヘΛ_ヘ^-^Λ_ヘ^-^Λ_ヘ^Λ_ヘヘ _,.ヘ ,.ヘ ヘ _,.ヘ ,.ヘ
ヘ__Λ ヘ__Λ ヘ__Λ ヘ__Λヘ__Λ ヘ__Λ ヘ__Λ ヘ__Λヘ _,.ヘ ,.ヘ ヘ _,.ヘ ,.
ヘ__Λ ヘ__Λ ヘ__Λ ヘ__Λ__,/ヽ_ /ヽ__,.ヘ /ヽ__,.ヘ _,.ヘ ,.ヘ ヘ _,.ヘ ,.ヘ
 /\___/ヽ   /\___ /\___/ヽ  _/ヽ /\___/ヽ /\___/ヽ   /\___ /\_
/        \/      /         \  /        \   /        \  /        \
|           |       |           |  |           |  |           |  |           |
|           |       |           |  |           |  |           |  |           |
|           |       |           |  |           |  |           |  |           |
\        /\      \        /    \        /   \        /   \        /
/`ー‐--‐‐―´\ /`ー‐-  /`ー‐--‐‐―´\   /`ー‐--‐‐―´      /`ー‐--‐‐―´\   /`ー‐--‐‐―´\







ドリフターズで学ぶ最新の信長研究外伝 信長VS一向一揆 第1回 一向一揆とは?





    ┏┬┳┬┳┬┳┬┳┬┳┬┳┬┳┬┳┬┳┬┳┬┳┬┳┬┳┬┳┬┳┬┳┬┳┬┓
    ├╋┴┻┴┻┴┻┴┻┴┻┴┻┴┻┴┻┴┻┴┻┴┻┴┻┴┻┴┻┴┻┴┻┴╋┤
    ├┫                                                ┣┤
    ┣┤            ドリフターズで学ぶ最新の信長研究外伝            ├┫
    ├┫                                                ┣┤
    ┣┤             信長VS一向一揆 ―政教分離の戦い―              ├┫
    ├┫                                                ┣┤
    ├╋┬┳┬┳┬┳┬┳┬┳┬┳┬┳┬┳┬┳┬┳┬┳┬┳┬┳┬┳┬┳┬┳┬╋┤
    ┗┴┻┴┻┴┻┴┻┴┻┴┻┴┻┴┻┴┻┴┻┴┻┴┻┴┻┴┻┴┻┴┻┴┻┴┛



                             ,.;i'l州州州≧ュ、,_ノ_,ノィ≦==、;⌒ヽ==_´
                           ,.ィ州州州州州州州州州≦彡イィ≦多州州≧ー彡_,.彡⌒ヽ
                           州州州州㌢aヾ州州州州州州州州州州州州州州多′、 ' ,.ィi
                         ( ,州州州州州州州州州州州州州州州ミミミ辷メ_ィ≦圭气};ィ≦州!
                         `;!l';'州州州州州州州州州州州州≦'" ノ多多州州州州州州州ili
           _,____          {l!ゞ、州州lili≫'',ァ州州州州州州州州州州州州州州州州州州州il
        /ィ'"::::::::::::::::::::≦x      {、l!,;ノ,州州州il多州州州州州州州州州州州州州州州州州州州州
     ,イ/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::㍉、.     `''_,ノ州州州州州州州州州州州州州州州州州州州州州州州州il
     }:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ.  ,,,ィ州州㌢州州㌢'"     ` 、ヾli州州州州州州州州州州州州州州
    }V::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l....,州il'" {巛〈州ilil!'       :::::... \.ヾ州州州州州州州州州州州州州
    、!::::::::{\::::::::::::::::::::::斗イ::::::::::::::;......巛〈廴ヾ州州i'  :!:.      ::::::ヽ. ヽ!州州州州州州州州州州州州州
    ≧::::]x/㍉、__,ィ≦ } リ/::::::::::::::′...弋㍉,.州州州  .|!::   :     :::::::ヽ:. ヾ州州州州州州州州州州州州!
      ̄r=ミx、::::x抖≦ミ<::::::::::/.     ,.州州州il. l.  l !:::  .!      ::::::::ヽ::. ヾ州州州州州州州州州州州il
       ヽ_ゞ':〕=〔<ゞ-' }^}::「l:::/.    ,州州州州!. !:. :::!::::  l:       :::::::::ヾ:::. Ⅵ州州州州州州州州州州il
       |::::::〈 _.::::`¨¨¨´ ミノ:/>、  〃州州州li{ ! !::::l::::: .l::     :::::::::::ヽ:::.}州州州州州州州州州州州
.     斗ヘ::::;,-- 、   / /ィ/ニ!ニ≧x゙州州州ili}l ヽ l::l:::::: l:::.       ::::::::::::ヽ::州州州州州州州州州州州i
  x≦二/二>、::.⌒ ` イ ,_/二|ニニニ>、...州ゞ/ ヽ、ヾl::::::. l:::l:.      :::::  :::::∨ノ' 州州州州州州 !州州州
  |二二/二ニ{ .ゝ‐ー ´, イ /ニニ!ニニニニ> ._.゙/  }\.l:::::::.l:::l:::      .::  ::::::::} {、〃'"  ノ州州i!廴'ノ、州州
  |二二≧xニ{  {_>''´    /二二l二二二二二> .,゙/::ヾ,':::::::l::::!:::          ::::::l::!  ㍉、 `'"彡'ヾ州、_,´  `""
  |ニニ「ニニ!/}へ    ,/二二ニ|二二二二二二,>、..!::::::::l:::!::: ::.         :::::l:: l     ̄ {州!、 ヾ州≧、
  Ⅵ二ハニニ7 /   \//二二≧二二二二二二二二心:::::l::l::: :!       :::l:: !       ゙、㍉    ヾミ㍉
  Vニニ!ニニ{  i      ./二二ニZ二二二,二二二二二ニバ:l::!:: :l:.       .::l::  !         ` )   ノリ州






彡(゚)(゚)と学ぶうつ病治療の歴史





古代ギリシャにて



(´・ω・`)「なんだか元気が出ない……ゆううつ」

彡(゚)(゚)「お、原住民やんけ!どうしたんや?」

(・ω・`)「やきうのお兄ちゃん……最近ずっとゆううつで……
     楽しいこともないし死んでしまいたいよ」

彡(^)(^)「それはメランコリーやな!黒胆汁が原因や!」




メランコリーとは……

古代ギリシャにおいてはヒトは四つの液、すなわち「血液」「黄胆汁」「黒胆汁」「粘液」のバランスが崩れることによって病気になると考えられた
例)血液が優勢で黄胆汁が腐敗すると下痢

この時、黒胆汁が優勢になるとヒトはゆううつになるとかのヒポクラテスの時代には考えられていた
ゆううつを意味するメランコリーは、黒胆汁に由来する言葉である






彡(゚)(゚)「台湾旅行…?」





(´・ω・`)「そうだよお兄ちゃん。行こうよ、台湾」

彡(゚)(゚)「台湾ねぇ…外国やろ?めっちゃ遠いやんけ…」

(´・ω・`)「そんなことないよ!飛行機なら片道2時間半で行けちゃうんだ」

彡(゚)(゚)「わりかし近いやんけ!でも海外旅行は金がかかるっていうし…」

(´・ω・`)「台湾なら5万もあれば十分だよ。流石にお兄ちゃんもそのぐらいはあるでしょ?」

彡(゚)(゚)「(なんやこいつ辛烈やな)まぁそのぐらいなら…でもどうやっていくんか?ツアーか?」

(´・ω・`)「いや、ツアーだと土産物屋に寄ったりするからあんま好きじゃないんだ」

(´・ω・`)「だから今回は僕が全部手配していくよ!まかせて!」

彡(゚)(゚)「えぇ…(大丈夫かこいつ)」







彡(゚)(゚)で学ぶ腰痛の治療





彡(゚)(゚)「ヘックション、あで、いででででででで!!」

彡(゚)(゚)「いだい、いだああああああ」

彡(゚)(゚)「くしゃみをした拍子に腰が・・・うぎぎぎぎぎぎ」ハイツクバリー

彡(゚)(゚)「腰が、腰がオシャカになったような・・・」

彡(゚)(゚)「これはまさか、ぎっくり腰ってやつか」






やる夫達で学ぶ日中戦争 第4話 南京事件へ(1927年) 後編




      _ (:::/:::V::::/::::::::::::::::::...._
   _-::::::::::ヽ:::{::::::!:::::{::::::::::::::::::::::::::::..、
    ,..:::::::::::::::ゝ:::::::!::::'::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
   /:::::::::::::::;:::'"/:::Vヽ:::::丶::::、::::::::::::::::::,
  ' /:ィ:::::::/::::::/:::rー '"}:::::i::::!::::::';:::::::::::::::::!
  /' ノ:::::/::::::;:イ V{   ;::::ハ::ト、::::!:::::::::::::::::!
    j::/!:::::人ム 、!  ノ' .,.ィfソ"l:::!:::::::::::::::::l
     / l:;:::l ,ィ≧、 、、ィf"-rf不、人:::::ハ::::ハ
.      ;ハ! 、Vシ     ´_乂シノ ノ)::/,. }::/ ,..:::::‐-、
       ノ'.  ノ         ソ j.ノ.ノ'":::::::‐- 、
          、 ヽ         ' ,.ィ:::::::::、::::::::::::::、        幣原外相は日清戦争における陸奥、
              __       ,:: V::::::::::::`ヽ::::::::::ヽ       日露戦争における小村と面目を異にし、
.          \         .:::::  V::::::::::::::::::\::::::::,       あまりにも内政に無関心で、
              丶._  <  _,..-‐\::::::::::::::::::::ゝ::::::、      また性格上あまりにも形式的論理にとらわれすぎていた。
                 _', -‐ '"    _,..>- _:::::;;;\ゝ
           .            / ̄  _  ̄  ―- ゝ -/ ././_!
          〈 -―___ ー--  ___/,イニニ、
         / /ニニニ二二ニ===―---イニニニ',
           // .!/ニニニニニニニニニニニ'ニニニ,

            外交官 後に社会党衆院議員
                 森島守人





やる夫達で学ぶ日中戦争 第3話 南京事件へ(1927年) 前編






     _____
   /.::::::::::::::::::::::::::.:ヽ
    |.::::γ⌒ Y ⌒ヽ::::::|
    |::::/ ⌒  ⌒  |:::|
   |:::〉 (●) (●) 〈:::|
   (@ ⌒(__人__)⌒ @)       前回は国共合作を経ての北伐統一戦争
    |   |r┬-|   |        すなわち孫文革命の炎が切って落とされたわけだけど
    \  `ー'´  /        ここである人物のざっと前半生を見学することにしよう
,,.....イ.ヽヽ、___ーーノ゙-、.
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i      この日中戦争において大日本帝国と最も関係の深いシナ人は誰だと思うかな
    |  \/゙(__)\,|  i |
    >   ヽ. ハ  |   ||




                                 γ´/ 丿ヽ
                             -‐ '´ ̄ ヽソ ` 丿
                           / //" `ヽ ヽ ヽ\
                          //, '//レ´/ノ ヽハ  `、ヽ
                          〃 {_{ \  /  リ| l │ i
                          レ!小l (●) (●)从 |、i|
                         丿ル|   、_,、_,    |ノレ リ
                        ,.-ー,  ヽ  ゝ._)    j //      そりゃあもう毛沢東!毛皇帝でしょ!
                       i., ,.-ッ    ゝ ,、__,  イ/        抗日戦争における八路軍の大活躍によって
                       !、  〉  /ヽ| \/ |フヽ         日帝はコテンのパンにやっつけられちゃったのよ
                       l ̄ ̄l /  ヽヽ ∽ />  ヽ       
                       l:  .|l    ヽヽ//   ヽ
                       |   l     ヽl/  l/   !






やらない夫が南北戦争を戦いぬくようです 最終回 アメリカ合衆国





               / ̄ ̄\
            /(●) (●)\     ト、 ト、 ∧                   __r‐v-、
           ( {トェェェェェェイ} )   |\i:.:.ヽ|:.∨:.:.V|/|               _」    ーi_
         _ \\ェェェェ//  弋.:.:.:...:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:>             _ノ ,.-―-、  !
     , -v'´三 丶  ̄`ヽ、     <:.::.:.:.:.i、:._:}ヽ.:\:.:.:ヽ:..:\            r〉./  l  l  ヽ}┐
    / r _ヒニテトゝ、`ー、-、ヽ   <:.:.:.i:.|:.:l'´Vヽ\!ヽ:.:.}.:.`:、:く            ,天{ 、ヒ、! ノニ }天、
   l  /´_   _ -`ヽ、ヘ ヽ`、  厶:.:.:.!:八!  =  = ∨.:、:.:>          | | ゙〈 ilj  ilj Y! .| i′
    ノ i〈 _ ̄  _二 )ハ ! l | }! 厶小\⊂⊃、_,、_, ⊂}:. ::>  / ̄ ̄\   | | _ハ、 ー ,ィ | | |    , -‐'´ ̄ ̄ ̄`'ー-、
   l. /ンー- 、_ ,ニ-_‐ニ=、 | l||l|  八.:.トヽ       人:{  /  ノ ヽ、\  | レ>_}¨`()´r'‐ヘ_| |    ノ  r'´ r'  , -‐- `ヽ
   ヽ〉_=冖ヲ! ヽF"¨^ニヽ !|ミソ_リ    ム.`≫'⌒r  ィハヾ  |   (●)(●)|      ,、,、,、,、,、      〈 ,'ー-'-i-― '"`'i`'ー-、|
   {| ヽ ´/ 丶 ` ´  l |ミ「i l′    )'´`丶_ノ .―{_-、_   |   (_人_)│  _,/***\     |/   ノ      |=ー- |
    ヽ  _`.ニこ.′   / |ソ 'ノ!         ____     |     ` ⌒´  | //^⌒^⌒^⌒ヾ:\   ||=-、ヽ _, -=ー- `iー-  |
    |  ∟-=‐-ミi i  l lY´丿      /       \    |           | `/ ノノ/リノハ∧i*l´   |ーr,、  --r,r  |ir-、 |
     l   _`二´_ ! ,  l |l|     /  ⌒   ⌒  \  ヽ      /   j v、!>  < iノi*lヽ   |  ̄/    ̄゛  リr、ト、|
     ヽ、      /// クイ    /  (●) (●)  \  ヽ     /    l*〈  ワ   ,i i*lハ   | 〈-,       l-イi |
      _l.` ‐---‐='´_∠-┴i    l    ⌒(__人__)⌒    l   ,7:./h::フ     l‐-`T"r‐_'"´_ ' "´ ̄]    \     `⌒´     /  |::::.ヽi:::.ソ|    l*l l/《´oo 》 l*l ハ_    ヽ. ゛   /   |l|リ
     ,ムlヘ'l | l/.r、)⊂=-‐ ニコ   /              \  |:::::::::.`´.:|   l*l/' 《 八 》 l*l\ヾ    >r-‐ ' _, -―'´i

               ────────────────────────────

                       やらない夫が南北戦争を戦いぬくようです

                            最終回  アメリカ合衆国

               ────────────────────────────






やる夫達は戦後の裏舞台を戦い抜くようです エピローグ 時には昔の話を 









             ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
             ┃┌────────────────────────────┐┃
             ┃│                                                  │┃
             ┃│         やる夫達は戦後の裏舞台を戦い抜くようです         │┃
             ┃│                                                  │┃
             ┃│             .エピローグ  時には昔の話を               │┃
             ┃│                                                  │┃
             ┃└────────────────────────────┘┃
             ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛






.


やる夫達は戦後の裏舞台を戦い抜くようです 最終章 最終話 語り継ぐこと







                     /|\
                   /  |  |
         .        |・  |  |/|\. iト、
                 ___| / :|/   !  \| ヽ
                |\|Y/:| ,ィ  ! ト、. \ \
                |下\Y'i| レ  l  \i  \ \
                |___| / i| ,ィ  ! ト、.  i\\ \
                |\|Y/:| レ  l  \i  \\\. |
          | ̄|┐i_ |下\Y'i| ,ィ  ! ト、.   i\ \\\
          |  ||l |___| / i| レ  l  \i   \\ \i |i\    | ̄|\   __
          |  ||l |\|Y/:| ,ィ  ! ト、.   i\ \\  | ト、| ______|  | |i|  ,ィ:i |
          |   ̄| ...|下\Y'i| レ  l  \i   \\ \i | \ 三三|  | |i|壬壬i |
           ,ィ 、   |___| / i| ,ィ  ! ト、.   i\ \\  | ト、| ニニ|  | |i| ̄ミi:! |
         //.: .\ |\|Y/:| レ  l  \i   \\ \i | \ 三三|  | |i| ̄ミi:! |--
         ⌒` ー-. 、.|下\Y'i| ,ィ  ! ト、.   i\ \\  | ト、| ニニ|  | |i| ̄ミi:! |
          /王王::|___| / i| レ  l  \i   \\ \i | \ 三三|  | |i| ̄ミi:! |
         ´王王/:::|\|Y/:|     !     i\ \\  | ト、| ニニ|  | |i| ̄ミi:! |







         |  | ̄ ̄ ̄|:l  |       | ::|       ,| |
        | ̄ ̄      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| |
        |                           | |
        l__________________,| |
           |  |`''-、_                 | |
           |  |   「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| |
           |  |   |         |          | |
           |  |   |         |          | |
           |  |   |         r‐┐| r‐┐      ,| |
           |  |   |         |  ||!  !       .| |
ノヽ-ヘィiヘl^ヽ-,   |  |   l        └‐'゙ l└‐'      | |
―――――┐ス  !  !    |         |          | |
          | ,レi |  |   |______,|_____,,| |
          | Z |  |  /                   ,|_|/
          | ヘ |_|/






       ______________
     | | ̄ ̄ ̄||  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄ ̄|_|
     | |      ||           |l    | :|
     | |      ||           |l    |_,| ┌─┐
     | |      ||           ||    | |  .|.(株)l
     | |      ||           ||    | | . │東|
     | |      ||:     o     ||    | | . │亜|
     | |      ||           ||    | |  .| .ビ│
     | |      ||           ||    | |  .| ..ッ |
     | |      ||           ||    | |  .| .プ│
     | |      ||           ||    |_|  .|..通..|
     | | l| ̄l ||           |l    | :| |信..|
     | | l|  l ||           |l    |_,| │社..|
     | | l|(,0 ||           ||    | | . └'''"~
     | |   ̄  ||  _,.. -‐''"|  ||    | |
     | |      ||   |_,.. -‐''" .:||    | |
     | |      ||           ||    | |
     | |      ||           ||    |_|
     | |      ||           |l    | :|
     | |      ||           |l    |_,| _,.. -‐''"
     | |      ||           ||_,.. -‐''"
     | |      ||     _,.. -‐''"
     | |     _||,.. -‐''"
     |_|,. -‐''"
 _,.. -‐''"






アクセスランキング アクセスランキング アクセスランキング